ファイナンシャルプランナー 仕事内容

MENU

ファイナンシャルプランナー[FP]の仕事内容とは?

私たちの人生には、家庭にしても、事業にしても、ファイナンス、保険や不動産、住宅ローン、相続や年金など、お金関連のことが常についてまわります。

 

ファイナンシャルプランナー(以下、FPと略す)とは、これらの事柄について、知識と運用に習熟した有資格者にたいする、一般的な呼称です。

 

オーダーメイドのライフプランを提案

FPが得意とする事柄は次の通りです。

 

(1)ライフプランの立案と資金計画…ライフプラン(人生設計)をつくり、人生の必要資金を割り出し、希望を適えるための資金計画の作成
(2)金融資産運用…株式投資や投資信託、金融にかかってくる法律など
(3)タックスプランニング…所得税、損益通算、所得控除など
(4)リスク管理…生命保険・損害保険の基礎知識・選び方
(5)不動産…不動産取引の際の法律や税金など
(6)相続…相続税対策

 

ファイナンシャルプランナーの仕事の内容は、顧客の収入・資産・負債・家族構成などすべてのデータを得て、顧客のや要望を余さず聞きとり、理解した上で、法律や保険、金融など、各分野の専門家の協力を得ながら、顧客1人1人にオーダーメイドのライフプランを提案・作成することです。

 

FPは頼りになる相談相手

平たく言えば、住宅の購入・住み替え、預貯金をどう増やすか、相続税はどうなるか?保険はこれまで通りの補償でよいのか?などなど…。

 

ライフプランは、的確な資金計画やアドバイスを効率的な貯蓄や保険の見直し、相続税対策、老後資金にも及びます。

 

来るべき少子・高齢化社会を考えると、一般の人にとっては、“漠然とした不安”はあっても、リタイア後の将来までを見通すプランを作るのは、困難なことと言えます。

 

そんな人たちの希望の実現のために、ライフプランを示し、アドバイスを行って手助けするがFPです。

 

現在、税理士や社会保険労務士などの国家資格保持者の中にも、人生全般にわたるキャッシュフローの知識を得るために、職務におけるプラスαとして、FPの資格を取得する人が増えています。