ファイナンシャルプランナー 需要

MENU

ファイナンシャルプランナー[FP]需要はあるの?

ファイナンシャルプランナーという資格の需要について、確認します。

 

時代の変化とライフプラン

今の時代は、終身雇用という制度が崩壊した時代であるといえます。

 

ずっと、同じ会社に勤めて、安定した給与を貰えるという時代ではないのです。老後の年金の支給も保証されていません。

 

よって、資産の運用も貯金だけでは難しくなってきています。そのため、資産運用を考える時代になってきています。

 

保険に関しても、病気などにより、見直しをする必要性も出て来ます。

 

自分のライフプランを練る上で、資産運用の知識をもったファイナンシャルプランナーの資格は必要となります。

 

自己責任と確定拠出年金

今の時代、最も不安視されているのは、老後の資金の問題です。

 

会社には、退職金はなく、年金もあてにならない状態です。国が運用してる国民年金は、個人の掛け金がもとになっています。

 

しかし、この国民年金の納付率は60%弱となっています。よって、この財源もかなり頼れる財源とはいえません。

 

そこで、現在、注目されているのが、確定拠出年金というものです。

 

確定拠出年金は、国民年金のように加入が義務付けとなっているものではなく、任意の加入となっています。

 

確定拠出年金は、個人が自己の責任で、株、債券、預貯金などの金融商品からベストな商品を選択して、資産運用した結果で、退職金を受け取る年金制度です。

 

この確定拠出年金は、運用次第では、掛け金の金額より、資産が増減します。よって金融商品の知識がないと、上手く運用はできません。

 

そこで、アドバイザーとして、ファイナンシャルプランナーが必要とされます。

 

相続問題

高齢化社会は確実に進んでおり、80代は1,000万人を超えています。よって、これからは、相続の問題は誰の身にもふりかかってきます。

 

相続問題に関わる専門家は、税理士、弁護士とさまざまな人がいます。

 

資産運用の一つとして相続問題を考えるなら、ファイナンシャルプランナーも不可欠な資格であるといえます。