MENU

ファイナンシャルプランナー[FP]資格の種類はどれくらいある?

ファイナンシャルプランナー(以下、FPと略します)の資格には、「FP技能士」「AFP」「CFP」の3種類があります。

 

◇「FP技能士」・・・国家資格。一般社団法人金融財政事情研究会、及び、NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)が実施・運営する技能検定で、ファイナンシャル・プランニング技能士に必要な技能に関する学科、および実技試験の合格者に与えられる資格です。

 

実務経験のキャリアや、関連資格の取得の有無によって、1級から3級までの段階があります。

 

◇「AFP」・・・AFP(=アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)とは、NPO法人日本FP協会が認定する民間資格(国内で通用)です。協会が認めた教育機関が実施するAFP認定研修の修了と、2級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験(AFP資格審査試験)の合格が必要です。

 

また、資格には有効期限があり、試験合格日の年の翌々年度末までとされており、資格の維持に向けて、2年ごとの更新が必要です。

 

◇「CFP」・・・Financial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)と特定非営利活動法人・日本FP協会が認定する民間資格(国際資格)です。

 

資格取得の要件は、CFPエントリー研修の修了と、CFP資格審査試験への合格、さらに、試験合格に遡る10年から、合格後5年の間に3年以上の実務経験を満たし、CFP約定書を提出することとなっています。

 

CFP資格審査試験合格の有効期限は、合格日から5年以内。2年ごとに、資格維持の為の更新が必要とされています。

 

3つの資格の相違点としては、AFP、CFPともに、日本FP協会への入会が条件とされていることでしょう。FP技能士にはそのようなことはありません。

 

AFP、CFPでは、2年ごとに実施される更新のための継続教育が必須とされているほか、協会への入会料・年会費の支払いも必要とされています。