MENU

ファイナンシャルプランナー[FP]資格を取得するまでの流れ

国家資格と民間資格

ファイナンシャルプランナー(以下、FPと略す)の資格は、国家資格と民間資格に分かれています。国家資格は、ファイナンシャルプランナー技能士の名称で、レベルに応じて1・2・3級に分かれています。例:3級FP技能士。

 

一方の民間資格は、日本ファイナンシャルプランナーズ協会(日本CP協会)が認定する資格となっています。AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル プランナー)と、上級の国際資格であるCFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナー)の2つの資格があります。

 

どちらも同協会への入会が必要で、2年ごとに研修を受けることが義務とされています。

 

資格取得まで

国家資格と民間資格、それぞれの資格取得までの流れをご説明します。

 

まず、国家資格では、はじめに3級FP技能検定(学科試験・実技試験)の突破から始まり、2級(同様)→1級(同様)とステップアップしていきます。

 

民間資格のAFPではどうでしょうか。AFPの資格認定要件には、AFP認定研修の受講・修了と同時に、2級FP技能検定(学科試験・実技試験)への合格が必須とされています。

 

CFPの資格審査試験には、AFPの認定者であることが資格要件となる他、大学院など、協会の承認を得た機関で、「所定の課程」を修了すること、とされており、CFP資格試験において、6課目(※1)すべてに合格すること、CFPエントリー研修の受講・修了、及び、一定の実務経験(※2)が必要となっています。

 

ただし、3年間の実務経験にポイントとして加算される講習があります。プロフェッショナルFP研修・レジデンシーコース(協会主催)に加えて、協会が指定する機関における継続教育研修の受講がそれです。

 

(※1)6課目については、課程修了日から7年以内なら、1課目ごとの受験・合格が認められています。

 

(※2)3年間の実務経験を有すること。試験合格前の10年、後の5年の期間の実務経験が対象となっています。