MENU

ファイナンシャルプランナー[FP]通学講座を受講するメリット

同じ志が集まる最高の環境

ファイナンシャルプランナー(以下、FPと略す)の通学講座のメリットは、まず第一に、教室に足を運べば、そこにはFPの大先輩である講師と、FPを目指して真剣に受講する生徒たちが揃っていることと言えます。

 

目標を持った以上、さぼれば、不利益は自分にふりかかるのは明白ですから、何をおいても受講に駆けつけることになります。

 

休講に大喜びし、将来も定まらなかった学生時代とは大違いで、FPの資格取得という目標を掲げた人にとっては、目指す資格に向けてまい進できる最高の環境が待っているのです。

 

同じ志を持つ受講仲間同士、机を並べて受講し、検定の勉強をし、情報交換をする。受講仲間から教わり、教えあって学習内容を理解し、“目からうろこ”ということも、多々あるかもしれません。

 

心地よい緊張感の中から、友だちの輪が広がることもあります。

 

最新の情報をキャッチできる

スクールに行けば、講師=FPのプロから直接教わることができ、わからないことは、目の前の講師に納得がいくまで質問ができることも挙げられます。

 

また、講師から、最新の金融情勢や法改正についての生きた情報を教えてもらえることも、大きなメリットと言えます。

 

FP志望なら、ふだんから新聞やニュースの金融欄には目を通すべきではありますが、学ぶ立場ではなかなかそうもいきません。講師から教わって、はっと気づくことも少なくないでしょう。

 

検定の傾向を把握できる

検定の受検についても、同様です。受講生からなるべく多くの合格者を出したいのが、講師やスクールですから、毎回の出題内容に鋭い目を光らせているのは当然です。

 

そんな講師から、出題傾向や検定の勘所についての具体的なアドバイスを受けることができる点も、メリットの1つでしょう。講師に教わった通り受検勉強して合格、というケースもあるそうです。

 

何よりも、スクール+人という有機的な環境で学ぶことは、モチベーションを持続させる大きなメリットとなるのではないでしょうか。