ファイナンシャルプランナー3級 出題内容

MENU

ファイナンシャルプランナー3級|試験の出題内容は?

ファイナンシャルプランナー3級は、FP協会ないし金融財政事情研究会で実施されます。

 

ここでは、資格学校などで対策を行っているFP協会でのFP3級試験について、確認します。

 

3級の学科の出題科目と形式

ファイナンシャルプランナー3級の試験のFP協会で実施される学科試験は6科目になります。

 

科目としては、ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継になります。

 

問題の形式は、正誤問題と3択形式で、3択形式は文章の言葉を穴埋めする形で出題されます。

 

6科目のテーマの基本的な制度の理解を問う形になっています。

 

3級の学科の出題内容

ファイナンシャルプランナー3級の学科の具体的な出題内容は以下のようになります。

 

ライフプランニングと資金計画は、教育資金や住宅ローンの申し込みや返済計画、社会保険に関する内容になります。

 

リスク管理は生命保険や損害保険に関する内容になります。

 

金融資産運用は、株式投資や債券に関する仕組みや運用に関する内容になります

 

タックスプランニングは、所得税を中心として、法人税、消費税に関する内容になります。

 

不動産は、土地、建物の売買や賃貸に関する内容になります。

 

相続・事業承継は、民法の知識を前提とする相続の内容、相続および贈与に対する税金、相続財産の評価に関する内容になります。

 

3級の実技の出題内容

ファイナンシャルプランナー3級FP協会で実施される実技試験は、資産設計提案業務になります。

 

内容は学科の6科目の知識を前提とした計算問題になります。

 

例えば、ライフプランニングであれば、毎年の収支計算、リスク管理で保険証を読み取り、給付金の計算を行う内容になります。

 

また、不動産の問題であれば、不動産の登記簿が与えられて、それを読み取る問題になります。

 

ファイナンシャルプランナーが実際に業務を行う上で実践的に必要な作業を計算問題を通して、出題しています。