MENU

ファイナンシャルプランナー[FP]通信講座を受講するメリット

都合に合わせて学べる

「将来はファイナンシャルプランナーの資格を生かした職に就きたいから、勉強したい!」という意思を持ちながらも、他の仕事に就いていたり、子育て中などで、スクールに通う時間の都合がつかない。

 

何と言っても、「スクールが近くにない!」「10万以上の学費は出せない!」。志があるのに、切実な事情を抱える人もいます。さまざまな事情を抱えながらも、、希望を持つ人々の望いをかなえてくれるのが、通信講座です。

 

認定研修で2級が狙える

通信講座というと、モチベーションが続かない、また、なかなか進まないうちに受講時間の制限がきてしまった…など、マイナスポイントもあることは確かです。

 

そんな中、3級の検定合格が必要なしに、CP技能士2級の資格が狙えるのが、ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー通信講座」です。

 

2級を目指すためには、次の要件があります。

 

(1)3級技能検定の合格者
(2)FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
(3)日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
(4)厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

 

同スクールは(3)の「AFP認定研修」の認定スクールとなっており、この研修を修了することによって、3級を取得しなくても、2級の受検が可能となっているのです。

 

2級の検定に合格すれば、AFPや1級への道が具体的に見えてきますから、力も発揮できると思います。

 

負担感の少ないスクールは?

FPの資格取得講座は、通学制の受講料は10万円前後。加えて、入学金が必要なスクールもあります。

 

一方、通信講座の受講料は安価と思われがちですが、「資格の大原」や「TAC」のように、通学・通信ともに10万円前後と、受講料にそれほど差のないスクールもあります。

 

通信講座で受講料が最も安価なのは、前出のユーキャンの6万4千円(税込)で、この中に、教材費、指導費、消費税などが含まれています。

 

標準的な学習期間は6カ月。平成24年度の検定試験では、同スクール生の学科・実技の合格者は1485人でした。