ファイナンシャルプランナー 資格 必要

MENU

ファイナンシャルプランナー資格は本当に必要?

社内の事務職として評価される

ファイナンシャルプランナー資格は、他の資格に比べて特殊なポジションです。

 

独立開業するにしては有資格者だけの独占業務がなく、かといって教養として身につけるには難易度が高くなっています。

 

しかし、会社が従業員の生活保障をどんどん縮小している現代社会では、社内の事務職にとってもファイナンシャルプランナー資格の必要性が出てきたのです。

 

社内向けに働く人事などの部署では、社員へ適切なアドバイスができる人材になれます。資格と実務経験を組み合わせることで、転職市場でも専門性が高い人材として評価されるでしょう。

 

浅く広く現代社会の制度を学ぶ内容だけに、会社の管理業務との相性が抜群です。

 

金融機関で働く場合に役立つ

どの金融機関でも、元本保証がない金融商品を取り扱っており、いかにして売り込むのかが重要になっています。

 

金融機関で勤めている、もしくは、これから金融業界へ就職活動する学生にとっては、ファイナンシャルプランナー資格を持っていた方が明らかに有利です。

 

意外に知らない方が多いのですが、金融機関の行員には大なり小なり販売ノルマが課せられています。

 

リスクがある金融商品を今月中にこれだけ売ってこいと言われるので、お客様に説得力がある営業ができるかどうかで大きな差がつくのです。

 

将来的に独立開業するパターンでは、金融機関勤めから資格取得をキッカケに起業する事例もよくあります。

 

自分の人生設計を最適化できる

日本の官公庁や地方自治体には、利用すると便利な制度が色々あります。

 

だが、自分でその制度を知った上で、所定の手続きに基づいて申請しなければいけません。

 

既にご存知の方も多いでしょうが、お役所仕事の公務員は聞かれたことにだけ返答する傾向にあります。

 

ファイナンシャルプランナー資格には、現代社会で自分が利用できる制度、引いては適切な人生設計をするノウハウが凝縮されています。

 

バラバラに勉強していたら何年かかるのか分からない内容を短期間でマスターできて、それによって自分の人生を最適化できます。

 

資格取得によって自分の努力を証明できますし、すぐに活用できる社会の知恵を学べます。