MENU

ファイナンシャルプランナー|どんな知識が求められる?

ファイナンシャルプランナーには、どんな知識が求められるのかを確認します。

 

金融の知識

ファイナンシャルプランナーには金融全般の知識が求められます。

 

なぜなら、ファイナンシャルプランナーには投資アドバイザーとしての役割が求められるからです。

 

投資商品には、様々なものがありますが、株や債券の知識は必須であるといえます。

 

株であれば、日経平均やTOPIX、IPO、配当利回りについての知識が必要です。

 

債券であれば、利回りや商品(国債、社債)についての知識が必要です。

 

社会保険の知識

ファイナンシャルプランナーには社会保険の知識が求められます。

 

なぜなら、ファイナンシャルプランナーには年金アドバイザーとしての役割が求められるからです。

 

老後にどれぐらいの年金が受給されるのかは個人にとって、死活問題です。

 

そんな時にファイナンシャルプランナーは、年金をはじめとして、社会保険のしくみを知っておく必要があります。

 

所得税の知識

ファイナンシャルプランナーには所得税の知識が求められます。

 

なぜなら、ファイナンシャルプランナーには、家計管理アドバイザーとしての役割が求められるからです。

 

給与からは、社会保険と所得税が差し引かれます。

 

そして、給与以外の収入があれば、所得税が対象になります。

 

常に収入があれば、所得税ことを考慮しなければならず、収入から所得税を差し引いた手取り金額を掴むことで、家計管理のアドバイスができるようになります。

 

相続の知識

ファイナンシャルプランナーには相続の知識が求められます。

 

なぜなら、ファイナンシャルプランナーには相続アドバイザーとしての役割が求められるからです。

 

相続の知識は、幅が広く、民法をはじめとして、相続税の知識が求められます。

 

また、業務の幅もあります。相続する財産の登記が必要であれば、不動産登記、相続税の申告が必要であれば、相続税の知識が求められます。

 

そのため、司法書士や税理士との提携も求められます。