ファイナンシャルプランナー 求人

MENU

ファイナンシャルプランナー[FP]求人状況はどう?

ファイナンシャルプランナーの求人状況はどうなっいるのかについて、確認します。

 

不動産屋の営業

不動産屋には、5人に1人が宅地建物取引士の資格が必要とされています。

 

宅地建物取引士は、不動産のスペシャリストとして、認知されています。

 

不動産屋では、不動産の売買の仕事が大半を占めています。

 

ただし、アパート経営などを目的として、アパートを購入する人もいます。

 

そんな人には、アパート経営を行う上での収支管理が必要になります。

 

また、住宅ローンを組む際のアドバイスを行う必要も出てきます。

 

よって、そんな時に、お金の相談に乗れるのが、ファイナンシャルプランナーです。
そのため、不動産屋の営業で、ファイナンシャルプランナーの求人が出ているケースがあります。

 

勿論、先に述べた宅地建物取引士を所有していれば、不動産屋の就職には心強いといえます。

 

証券会社での営業

証券会社では、株や債券の売買の窓口業務を行っています。

 

この窓口業務では、証券外務員の資格が必要とされます。

 

そんな時に金融全般の知識を持つファイナンシャルプランナーも重宝されます。

 

ファイナンシャルプランナーは、証券外務員と同じく、金融の科目も学習しています。

 

よって、証券会社での営業において、ファイナンシャルプランナーの求人が出ているケースがあります。

 

生命保険会社や損害保険会社での営業

生命保険会社や損害保険会社では、保険商品の販売を行っています。

 

よって、生命保険や損害保険全般の知識とライフプランの知識をもつファイナンシャルプランナーは重宝されます。

 

他のどんな職種よりも、生命保険会社や損害保険会社での営業では、ファイナンシャルプランナーの求人が多く出ています。

 

資産コンサルティング会社

税理士事務所では、税金の申告の他に、資産運用のコンサルティング会社を別に経営しているケースがあります。

 

顧客の中には、不動産を所有していて、相続の問題を抱えている場合もあります。

 

そんな時に相続対策アドバイザーとして、ファイナンシャルプランナーの求人が多く出ているケースがあります。