ファイナンシャルプランナー 資格 難易度

MENU

ファイナンシャルプランナー|資格の難易度はどれくらい?

ファイナンシャルプランナーの資格の難易度はどのくらいなのでしょうか。

 

ファイナンシャルプランナーになりたいという夢がある方は、難易度を知ったところで取得をやめてしまうことはないと思いますが、気になる部分ではないかと思います。

 

ここでは、ファイナンシャルプランナーの資格の難易度についてご紹介していきます。

 

資格の難易度は?

ファイナンシャルプランナーに関する資格というのは、大きく分けると2種類あります。

 

◎民間資格…AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)とCFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナー)
◎国家資格…FP技能士(1級・2級・3級)

 

このように2種類(3種類)の資格が存在しています。

 

今回は、国家資格であるFP技能士について、難易度を見ていきたいと思います。

 

1級FP技能士

こちらは、独立や開業を目指す方が取得されることが多い資格となります。

 

日本FP協会にて実技試験が行われており、内容は資産設計提案業務についてです。

 

記述式の筆記試験となっており、合格者は1級FP技能士の合格証書を受け取る事ができます。

 

2級FP技能士

こちらは、金融や不動産などの企業に就職したいという場合や、転職などに役に立つ資格となります。

 

学科と実技試験の両方が実施され、実技試験においては実務に近い内容となっています。

 

学科はマークシート方式、実技は記述式の筆記試験です。

 

3級FP技能士

こちらは、ファイナンシャルプランナーの入門資格とも言える資格となっています。

 

まずは3級から受験し、ファイナンシャルプランナーについて学ぶ方が多くおられます。

 

試験には学科と実技試験の両方があります。

 

このFP技能士の国家試験は、2級や3級であれば年に3回実施されています。

 

年に一度しか開催されない国家試験はとても多くある中で、3回も実施されるということで、難易度はそこまで高くないと言えます。

 

また、合格率も別の記事にてご紹介しているのですが、合格率を見てみても、難易度はそれほど高すぎるというわけではありません。

 

級に分かれているという点でも、チャレンジしやすい難易度の国家資格であると言えます。