ファイナンシャルプランナー 独立 開業

MENU

ファイナンシャルプランナーとして独立開業するには?

ファイナンシャルプランナーの資格を取得したら、独立して開業したいと考えておられる方も多いのではないでしょうか。

 

独立開業は、どのような職であっても夢を抱く方が多いものです。

 

ここでは、ファイナンシャルプランナーとして独立開業するためにはどうすればいいのかについて、ご説明していきます。

 

独立開業するには?

まず、ファイナンシャルプランナーとして独立するために必要となることを考えてみましょう。

 

初期費用など

例えば、ペットサロンの開業やネイルサロンの開業などとは異なり、ファイナンシャルプランナーの場合は、多くの設備を必要としません。

 

そのため、独立するための初期費用については、少なくなると思われます。

 

何人もの人を雇って開業するという事はあまりなく、相談業務自体も自分ひとりで行う場合が多くなりますので、人件費も少なくなると言えます。

 

企業などでの実務経験

ファイナンシャルプランナーとして独立していくためには、やはり経験が重要となります。

 

多くの知識を持っているファイナンシャルプランナーと、実務経験のないファイナンシャルプランナー、どちらに依頼したいと思いますか?

 

やはり専門的な知識などを得ておく必要がありますので、いきなり独立というわけではなく、しっかり実務経験を積んでから独立するという方法がおすすめです。

 

資格を取得

ファイナンシャルプランナーとして独立するために必須となる資格はないのですが、やはり資格は大切です。

 

多くの方が、「無資格で、実務経験もありません」という方に依頼したいとは思わないはずです。

 

自分の人生設計をサポートしてもらったり、個人情報を話すなんて重要な事ですから、なおさら信頼は必要になります。

 

この信頼は、お客様と会話を重ねて獲得するものでもありますが、資格を取得している事や実務経験があることなども大きな材料となります。

 

資格は、1級FP技能士の国家資格などがメジャーで、この辺りを取得しておくと、信頼を得やすくなります。

 

もちろん、お客様に対しての誠意はとても重要です。

 

独立するまではやや時間がかかるかもしれませんが、独立してからは自分が理想とするファイナンシャルプランナーとして働く事が出来ます。

 

お客様の笑顔のためにも、頑張っていきたいところです。