AFP資格

MENU

AFP資格とは?

AFP資格について、資格の概要と資格登録するまでの流れを確認します。

 

AFP資格とは?

AFP資格とは、FP協会が認定する民間資格です。

 

AFP資格は、FPとしての基礎知識を有し、顧客の資産運用相談に対して、充分な技能を持っているとみなされる資格です。

 

AFP資格に求められるもの

FP協会では、AFP資格者に対して、次の3つの事を求めています。

 

教育面において、AFP資格者には常に金融に関する最新の知識を身に着けていることを求めています。

 

また、一定以上の業務知識があることを試験によって、証明することを求めています。

 

一般的に、AFP資格者は2級FP技能士でなければなりません。よって、AFP資格者はファイナンシャルプランナー2級の学科試験と実技試験の両方に合格している必要があります。

 

つまり、ファイナンシャルプランナー2級の試験がAFPの資格審査試験となっています。

 

さらに、AFP資格者には、FP協会の会員倫理規定を遵守することが求められます。

 

AFP認定研修とは?

AFP認定研修とは、日本FP協会がAFPになるために、体系的な学習を行えるように認定した研修講座です。

 

この講座は1ヶ月以上を要し、受講開始から1年以内に終了する必要があります。最終的には、提案書を提出して、合格する必要があります。

 

AFP登録手続き

ファイナンシャルプランナー2級の学科試験と実技試験の両方に合格すると、2級FP技能士の称号が与えられます。

 

これで、自動的にAFPになれるわけではありません。

 

2級FP技能士になって、AFP認定研修を修了し、日本FP協会に登録することで、AFPとして認定されます。

 

また、日本FP協会への登録期限は、AFP認定研修を修了してから翌々年度末までになっています。

 

日本FP協会に登録するには、入会金10,000円、年会費が12,000円かかります。さらに、AFPは2年ごとに更新が必要で、継続単位が15単位必要となります。