MENU

「AFP試験」の概要

AFP(=アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)とは、NPO法人日本ファイナンシャルプランナーズ協会(FP協会)が認定する民間資格です。

 

資格認定の要件

AFPの資格認定には、AFP独自の試験といったものはありませんが、認定を受けるための要件は次の通りとなっています。

 

(1)AFP認定研修(※後述)の修了、FP技能士2級検定試験に合格すること
(2)2年以上の実務経験に加えて、FP技能士2級の技能検定への合格と、AFP認定研修の修了
(3)FP技能士3級の技能検定への合格に加えて、AFP認定研修を修了しているか、研修受講中にFP技能士2級検定に合格した者

 

つまりは、何をおいても、FP技能士2級の検定に合格しないと、AFPの認定を受けることができないことになります。また、これらに加えて、AFPの認定を受けるためには、所定の期間内に、日本FP協会への入会も必要です。

 

AFP認定研修とは?

AFP認定研修とは、FP協会が、FPに必須とされる教育内容をまとめた研修講座で、FPに必要とされる倫理・コンプライアンス、ライフプランや金融、保険など、6つの専門分野にわたる知識が、体系的に学習できるように構成されています。

 

金融の知識はもとより、道を踏み外さないための倫理、そして実現可能なライフプランの作成まで、実際の仕事の現場で信頼されるAFPとなるよう、みっちりと講義を受けるというわけですね。

 

合計68単位に及ぶ講座で、通学・通信とわず協会の認定スクールで開講され、学習方法も、通学の他、通信では、WEB・CD・DVDビデオ・カセットと多彩な選択肢があります。

 

最後に、課題に基づくライフプランを実現するための「提案書」の提出によって、研修の修了となります。

 

認定を受けるための有効期限は、2級技能検定に合格した試験日、または、AFP認定研修修了日のいずれか遅い日の翌々年度末(3月末)までとなっています。