MENU

ファイナンシャルプランナーの資格を最短で取得する方法

現在、一般的にファイナンシャルプランナー(以下、FPと略す)と呼ばれる資格には、国家資格と民間資格があります。

 

国家資格では、ファイナンシャルプランニング技能士(以下、FP技能士と略す)があり、レベルと実務経験に応じて、1.2.3級に分かれます。

 

民間資格では、AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー/国内資格)とCFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナー/国際資格)があります。

 

国家資格であるFP技能士を目指す場合は、最も初歩的な3級の取得からスタートします。3級の資格取得なしには、その後の2級、1級へのステップアップはかないません。

 

国家・民間2つの資格が取得できる通信講座

ところが、最短数カ月で、2級FP技能士・AFPの両資格が狙える通信講座があります。ユーキャンの通信講座「ファイナンシャルプランナー(FP)講座」がそれです。

 

実は、2級FPの技能検定は、AFPの試験と兼ねており、別々に取得するよりも、ずっと合理的です。※AFPの資格は、合格後、日本FP協会への登録が必要です。

 

FP技能士においては、2級の資格があれば、3級の検定を受ける必要がなく、1級の検定への受験資格に結んでいくことが可能となります。また、AFPの資格は、国際資格であるCFPの受験要件となっています。

 

学習方法は?

講座の概要は次の通りです。

 

送付されてくるのはテキスト教材、DVDなど。PCやスマフォから視聴可能な動画、メールによる質疑応答、添削によって、双方向の学習となっています。

 

実技試験対策としては、科目別に“定番”の問題を収録した「実技試験攻略BOOK」が用意されています。

 

最後にFPに必須の提案書を提出してカリキュラムの修了となりますが、提案書は、学習開始後、1カ月から提出可能です。

 

標準的な受講期間は6カ月となっていますが、試験は年3回(1・5・9月)ですから、学習の進捗状況によっては、最短1カ月余りで合格することも可能です。

 

ファイナンシャルプランナーの資格とは?

ファイナンシャルプランナーの資格というのは、どのようなものなのでしょうか。

 

ここでは、ファイナンシャルプランナーの資格についてご説明していきたいと思います。

 

ファイナンシャルプランナーって何?

まず、ファイナンシャルプランナーというのは、人生設計を一緒に考えサポートしていくという存在です。

 

例えば、以下のような相談に乗る事になります。

 

・家計の管理
・老後の生活設計
・保険
・介護や医療費について
・相続
・住宅資金
・年金や社会保障について
・資産運用

 

このような相談に乗り、様々な方の人生設計に携わっていくという仕事です。

 

一度の相談のみで終わるということは少なく、数年〜数十年に渡り、長いお付き合いとなる場合が多くなっています。

 

お客様の生涯を見守っていく形で仕事をしていくことになりますので、とてもやりがいのある仕事と言えます。

 

ファイナンシャルプランナーの資格って?

ファイナンシャルプランナーの資格は、CFP資格やAFP資格などの民間資格に加え、国家資格のFP技能士というものがあります。

 

FP技能検定は、1級〜3級まであり、一般社団法人金融財政事情研究会と、日本FP協会の両方が実施しています。

 

そのどちらが実施する試験を受験しても取得できる資格は同じFP技能士となっています。

 

学科試験と実技試験の両方があり、この両方に合格することが必要です。

 

これらの試験には受験資格が設けられており、その受験資格を満たしていなくては受験することが出来ません。

 

AFP資格は、AFP認定研修を修了し、2級FP技能検定に合格し、期間内に日本FP協会に登録すればAFP資格を取得することが可能となります。

 

CFP資格は、CFP資格審査試験に合格してCFPエントリー研修を修了し、3年以上の実務経験がある場合に取得することが出来ます。

 

それぞれ資格の更新などがありますので、しっかり確認しておく必要があります。

 

また、AFP資格取得者も、CFP資格取得者も、どちらも継続教育が義務付けられています。

更新履歴